このブログのタイトルは…
「モヒカン紳士のシャイコフスキー」ですが・・・・・


2014-03-03-11-23-33


おはようございまする〜
花冷え寒の(爆笑)横浜から〜

モヒカン紳士
生駒俊介です。


生駒さんがおっしゃてるところの「シャイコフスキー」ってどういう意味っすか〜❓❗️
なんて、質問が度々まいりますので、復習の意味を込めまして…

「最高+大好きー=シャイコフスキー」と、言う感じの生駒的な造語なんですヨ〜^_−☆

ですから、辞書をご覧になっても出てきませんから〜^_−☆…お間違えなく〜❗️

なんとなく響きもいいですし、思い付いてからFacebookで使っているうちにウチウチで
浸透してきたわけです(爆笑)
今さら聞けない…」なんて言う方がおいでになる様なので、
ご説明申し上げましました❗️
出来ましたら、皆々様もお使い下さいませ〜^_−☆
来年の流行語大賞ノミネート」を目標にしておりますので…o(^_-)O

なんて、今朝はゆる〜いブログとなりましたが…
今日は、ご縁ございまして…ある会社さんの新入社員セミナーの講師を務めさせていただきます。
私の「新しい船出」的な朝でして、「若干の緊張」をほぐす意味で、こんな内容に致しました〜❗️

2014-03-09-18-55-09


ご理解いただけましたら幸いでっす

そんな感じで、シャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝

モヒカン紳士
生駒俊介

昨日のランチは、お客様とイタリアーノ^_−☆

おはようございまする〜
花寒の朝の横浜から〜

モヒカン紳士
生駒俊介です。


横浜でカジュアルなイタリアンを選ぶとしたら…『AGIO』
迷わずこのお店を選択しますね❗️

2014-04-05-13-57-23

横浜駅上のルミネの7階にございますAGIOは、まずをもって駅からめちゃくちゃ近いでっす❗️
2014-04-05-13-57-23

雨が降っていても、傘の必要なしですから嬉しいですよね❗️

実は、このお店の1号店は新宿伊勢丹の食堂街『イートパラダイス』に始まった…と、記憶しております(-_^)
何せ、開店当初から伺ってますから〜

その時から変わらないのが、AGIO名物『挽き肉のピッツァ』でして、昨日も食しましたが、いつもながらのパリパリ感グンバツ
のミラノ風石窯焼きピッツァでした。
20年前、当時「石窯焼きのピッツァ」なんて少ない頃からこのお店石窯がございまして…
因みに、昨日のピッツァ職人さんは、宮村胡桃さんで一生懸命焼いてらっしゃいました❗️

ランチ時は、超満員で表の待合いベンチも満席でしたが、何が素晴らしいかと言いますと、当然「お味」もいいんですよ(爆笑)

それよりいいのが、スタッフの皆さんの笑顔なんですよね〜^_−☆

2014-04-05-13-14-54

キラキラ」なんですよ、本当に❗️
いつも、ワインを選んでいただく店長も汗をカキカキの笑顔もいいのですo(^_-)O(爆笑)

やっぱり、イキイキとしたスタッフのいるお店にお客様は集まりますよね^_−☆
これ、鉄則❗️


ところで、マーケティング的なお話…
このボードのPOPをご覧ください❗️
2014-04-05-13-57-17

おわかりになりますかね〜❓❗️
ここに「個人名」を記されているわけですが、実はこれってとてもポイントが高いわけで…
これからは、個が個に刺さる販促をしていかなければ反応が返ってこないのです〜
と言う観点からも、これは素晴らしいですよネ
で、もっと言わせていただくと、『食べていただくと、必ず笑顔になりますよ❗️』とか・・・
感情に訴える一言があれば、言うことなし…
なんですが〜^_−☆
食べていただくと、どうなるか?どんな状態になり、どんな感情になるのか?
はたまた、なっていただきたいのか?
を、訴えた方が刺さるのでっす❗️
ご理解いただけましたら、幸いですが…
これは、そのほとんどの業種でも、そうなりつつありますから〜

パスタも美味で
うーん、実にシャイコフスキーで、満足致しました〜(^_−)−☆

もう一つ❗️
パルメザンチーズのシーザーサラダも実に美味で、「目の前でチーズをスライス」してくれる
パフォーマンス付きでして…これまたシャイコフスキーざんした。このお店のマストオーダーでしょうー
2014-04-05-11-50-39

ごちそうさまでした。

感謝

モヒカン紳士
生駒俊介






いわゆる街道筋の和風ファミリーレストランと思いきや、この店めちゃくちゃやりますから…❗️

おはようございまする〜
桜吹雪の横浜から〜
モヒカン紳士
生駒俊介です。


ここのところ、二回行きました『かごの屋』さん。
2014-04-04-14-08-54

ランチ時と言うことも手伝って、店内はものすごく混んでおりました^_−☆
その店は、小上がりになっていて居酒屋さんにもよくある、履物を自身で下駄箱に入れるスタイルでっす。
ランチのお値段は、880円〜で1000円以下のセットもございますが、メインは1280円〜になります。
多分、今時のファミレス系では単価が高めと、考えられます・・・

繁盛店で、まず何が違うかと言うオペレーションの良さですよね❗️
やはり、インカムを使って的確に『』を埋めていきます。
掘りごたつ的な個室もあり、平場とうまく使い分けされてます。

来ているお客様は女性客や家族連れも多いのですが、和的なお店だけにご年配のお客様も多いです。
トイレもバリアフリー
この辺りも嬉しいのでは❗️^_−☆
個室も充実していて、ちょっとしたママ会的な需要にも対応出来てます^ - ^

際立つのは、スタッフの多さ❗️
近頃のどのファミレスもスタッフの数を減らし効率ばかりも求める店が多い中で、際立ってスタッフの数が多いのです。
それもそのほとんどが、年齢が40・50代の女性です。
見るからに主婦のパートさんって感じで…
皆さん、テキパキと動かれてます。

本当にテキパキなんです。
また、その方々は接客もきちんとなっていて、『よく教育』されていることがうかがわれます。
いわゆる、「接客サービス」をされるわけですね❗️
例えば、小さいながらデザートのサービスがあったり…
そんなところが、ファミレスの画一的なサービスとは違ってます(-_^)
思いますに、その年齢の方々は若いバイト生と違って比較的気が効いていて私なんぞが
赤ちゃんを連れて行っても、子育て経験者なので対応がいいです❗️o(^_-)O
そして、【働いていらっしゃるスタッフがなんか楽しそう】…なんですよね
そんな雰囲気がなんとなく伝わってくるから、不思議ちゃんですわ〜
こんなところでも、やっぱり『人』なんだな〜と、つくづく思いしらされます…

他のファミレス系とは、一線をおくこのお店はスタッフと言う部分で『独自性』がよくでていて、
その辺りのマーケティングがきちんと整理されていることがうかがわれます〜❗️
その独自性がトンがれば、トンがるほどお客様がファンなっていく構図がひかれるわけでっすo(^_-)O

追伸。200円は支払うものの、ポイントの還元率もいいことも魅力だったりして〜(爆笑)

2014-04-04-14-07-17


と言うことで、「かごの屋」さんはシャイコフスキーざんす。

昨日食しましたのは、「鯛めしセット」でした〜
2014-04-04-13-13-57


感謝

モヒカン紳士
生駒俊介







↑このページのトップヘ