昨日に続いて、販売確立を上げる『3無い接客』メソッドですが……その2…

おはようございまする〜
いや…昨日も暑かったっすね…汗…
早、夏バテ気味の

超実践『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介です。

あー、これまた、百貨店さんなんかでよく使われるフレーズなんですが…
百貨店さんに喧嘩売ろう…なんて全く考えてはいないのですが、その世界にいたからこそ、わかることってあるもんですね〜!

そのフレーズ僕が言っていたか?って…
このフレーズ、最初は言ってましたが、ちょっと使っただけで、売れない実感がありましたので、即、使わなくなりました。
だから…売れたんですね!

(もし)よろしかったら○○○
(どうぞ)よろしければ×××

って、よく言われたりしませんか?
あれ、言えば言うほどお客様が来なくなります!見なくなります!
これ、事実です。

2014-07-26-00-15-44


だって、お客様都合でご覧になっているのに、よろしければ…って変ですよね?
良くも悪くも、見たけりゃ見るし、元来興味がなければ見ませんから…

と、この言葉、お客様が次の行動を取りにくくなるんですよ〜実は…
だから、成約確立を落としてしまう原因になるのです。
よ〜く考えますと、見るだけだとしても販売スタッフの許可が必要的な言い方なんですよ、この言い方なら…

もう一度、そのシーンを思い描いて下さい。

よろしければ、どうぞ、ご覧下さいませ〜

いかがですか?
何気無いフレーズですが…
違和感ございませんか?
そう、仮に100人のお客様にこの言葉を言い続けその30%、30人のお客様が違和感を感じた…としたら、それだけでも全体からの販売成約の確立は下がりますよね?
だったら、言わない方がましなんです。

なら、みんな、どうして言ってしまうのか…
それは、考えてないのですよ!
なんか、これを言うと接客と言う仕事している様な感じになるから言ってしまうのです。
取って付けた様で、スムーズじゃあないのですよ、この言いまわしは…(≧∇≦)
ハッキリ言って、文章にスムーズさがなければ、成約確立を落としてしまいまうのです。
だから、NGフレーズですわ〜


元来、そう言ってるスタッフに限って、
接客そのもののストーリーなど、全く考えていないからだった りするのです。
思考なきところに勝利なしでっす。
行き当たりばったりでは、確立もクソ(失礼)もございません。


だったら何と言えば…
ピンポイントになるお客様に
『是非、こちらをご覧下さい』
『これだけは、見てやって下さい』
とか…
その言葉の裏側には、『損はさせません』と言う自信があるのです。

販売成約の確立を上げることが目的ならば、安易なお声掛けはしないこと〜
☆〜(ゝ。∂)


よろしければ…
よろしかったら…

はNGっすね!

それと、アッ☆〜(ゝ。∂)
続きは週明けに〜

うーん、『魔法の接客術』はシャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝

超実践『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介