2014-12-26-12-24-00

私にとっては、コレ でっす^_−☆
お分りになりますか?各大学のタスキの色っすね〜!

おはようございまする〜
とりあえず、本日が仕事納めの…

8人以下店舗専門 売れる『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

皆々様、お正月と言えば…なにを思い浮かべられますか?人それぞれで違うとは存じますが…
私は『箱根駅伝』なんですよ〜

正式名は
関東学生東京箱根間駅伝競走
だったかと…

そうです、お正月の1月2〜3日の二日に渡り、東京大手町から箱根の芦ノ湖のほとりまで五区間に分け『タスキ』を繋ぎながら、走り抜ける駅伝競走です。

やはり、気になるの母校ですよね?!
我が母校、中央大学は昨年シード落ちの屈辱…予選会からの出場にて…
どうにかこうにか、それを突破。
本線に出場となりました!

実は、昔は結構強く、私の知る範囲でも総合優勝はないものの、毎回、上位・優勝争いを演じてきましたが、
近年、新癖力のに押され今の状況になってしまいました。

「人が走って、タスキをつなぐ」
だけに毎年いろんなドラマが生まれます。
途中で有り得ない不調にみまわれて棄権になったり、脱水症状をおこしフラフラになったり、
人間が走っている限り本当に予期せぬ事態となったりします。
又、「山の神」と言われる存在(五区の箱根山を登り強者)が出現したり、大変面白いのです。

この「タスキ」と言うものも実に日本的で独特の「繋ぐ」と言う感覚にピッタリおさまります。
それは、ただ物理的なものでなく精神的な要素がかなり濃くなります。
そこには、「ストーリー」がついてくるわけで、その「ストーリー」に人は共感したりします。

実は私が提唱してます『魔法の接客術』でも、「ストーリー」をものすごく大事にしてます!
商品そのものに「ストーリー」性があったり、
その会社の社長そのものに「ストーリー」性が存在したり、
ブランドに「ストーリー」性が強かったり、
いろんなケースは有りますが、「ストーリー」って大事だと実感するコトも多いですよね?!

そんなコトもお話します、生駒俊介プレゼンツ『魔法の接客術』&かんたんマーケティングセミナーイベントを
新春1月16日に開催させていただきます。
現在、【残席2席】となっております。
詳しくは→https://www.facebook.com/events/1576292349269196/

この機会に是非是非お申し込みいただき、2015年のご自身の目標に向かって加速していただきたい!
と、存じます。

又、生駒俊介のオフィシャルサイトはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.mohican.jp/

サ〜、今年も後三日…
インフルエンザにお気をつけいただき、乗り切って下さいマシ〜^_−☆

うーん、箱根駅伝はシャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝

8人以下店舗専門 売れる『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介