2016年06月

藤田さん…道後温泉・茶玻瑠の料理人です!

おはようございまする〜
今朝も松山・道後温泉からです

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

ハッキリ言わせて下さい!
この男、本物です!

ただの料理人ではございません^ ^
ある意味、前例をぶっ壊せるスーパー料理人です!


私が本気で支援させていただいているホテルの和食レストランの料理長・藤田友和^_−☆

先ず、面白いのが…
この男、漁師の息子なんです!

漁師…
もちろん、小さい頃から、本当に美味しい魚を食べてきた境遇なのはお察しの通りでっす〜

でも、この男の最大の欠点であり…最大の価値表現がそこにある!
何か…
この漁師の息子、船酔いをしてしまうのでっす〜(≧∇≦)
えええええって?
漁師の息子で、船酔い…
ありえない〜

でも、本当らしいです!

で、この男の興味深いところは、漁師には到底なれないってことを自分でわかり
、魚の知識、親の教えを違う形で表現しよう〜としたら点でしょう!^_^

それが、たまたま和の料理人ってことをだったのでしょう!

どうでしょう⁈
これってマーケティング的に言うと、この言葉に集約されると考えます。

弱みを強みに変える

自分の経験値を活かす方法、漁師の息子でありながら船酔いしてしまうと言う弱みを最終的に強みに変え、思い存分腕をふるえる環境についているのです!


ご存知の方はご存知…
日本食の世界は、まだまだ徒弟制度が根強く残っている世界。
そんな世界に身を置きながら、全く違ったアプローチでお客様の前に立つことを楽しみにしている男でっす〜^ ^
まだまだ、板場的な考えがはびこってたり、誰の為にこの料理を作っているのか…そんな部分を見失っている方もいる中、この男はどんどんお客様と会話をするべき…と考えていた。

そんな折に、そちらのホテルが私と契約いただき研修を受けることに。
そして…私の全てを吸収すべく真剣にそして真摯に研修を受講してくれてるのでっす〜


そんな藤田さんから、昨晩、お褒めの言葉をいただきました〜!

『俊さんの研修は、凄いし勉強になります!何より、伝える力が素晴らしい。

いやー、素直に嬉しい。

そして、そして、もっと響く話をしたい、しょう、しなければ!って^_^

コミット。

藤田さん、
来月、又、お会いしましょう!

と、名古屋に向かう私です^_^


うーん、松山・道後温泉は藤田さんの様な男にも出会えて、シャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝。

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介



有限会社  エフ・エイ
取締役社長 
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323

唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
社員・スタッフ育成





駅前繁盛店の日高屋さんの標語シリーズ(爆笑)
第三弾〜!

おはようございまする〜
松山・道後温泉より^_−☆

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』 
『魔法の接客術』アドバイザー 
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

一昨日のBlogはこちら


昨日のBlogはこちら


駅前の繁盛店・日高屋さんのレジュメ、標語の凄さをお書きしておりますが…
本日でそのシリーズも最終回ですね〜!

クリーン編
なんですか?

毎日、一箇所を決めてビカピカにし、開店前にはテーブルのチェック^_−☆
もちろん、自身の身だしなみや髪型もチェック!

そして…女性客を呼び込むための最善策が、これだ!
これしかない!
トイレを常にビッカビカにしていることだ!

もう一度もう上げますね〜!
トイレが綺麗だと、女性客が集まります

それを町の中華屋さんが実践する

つまり…女性も安心して入れる町の中華屋さん…これが本当のコンセプトなのかもしれない〜日高屋さんの(≧∇≦)

そして…働いている方が誇りを持てる綺麗なお店!
そうか⁈
そういうことか⁈

わかる〜って変かもしれない〜

と、言うのは…
私が接客の研修させていただいていて、その中のコンセプトの一つに、自身の仕事に誇りを持ってもらいたいって言うことがあるのです!

だから、日高屋さんとシンクロしてしまうってことなのかもしれない〜
ってことに気付いた一瞬でした!

自身の仕事や職場に誇りが持てなくては、真剣に取り組めないし、しいては…お客様に失礼にあたりますからね!

あなたは、いかがでしょうか⁈

もし、あなたが物販のお仕事をされていてモノを売っていたら…何、その話⁈ってなるかもしれないですね⁈
私の教えは…少なくとも、モノではなくコトをお売りしょう〜ってことなので^_−☆


ちょっと、変な締めになりましたが、やっぱり繁盛店はコンセプトがしっかりしている!ってことですね⁈

もっと、奥が深そうなので日高屋さんに通わせていただきます!


うーん、駅前繁盛店、日高屋さんはシャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝。

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介


有限会社  エフ・エイ
取締役社長 
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
社員・スタッフ育成



昨日の続編を書かせていただきます!

おはようございまする〜
湿気、バリバリですが…ご体調は大丈夫でしょうが⁈

唯一無二の接客コンサル 
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


昨日のBlogはこちら
↓   ↓   ↓

一年ほど前、駅前に出来た日高屋さん、そこに貼ってあったレジュメが感動ものなのですが…

ハッキリ申し上げて、繁盛しておりますた!

その第二段をお書きしますね〜^_−☆

全体のポスターは、こちらですが…
接客についての心得ですね!

ご挨拶に始まり、オーダー復唱。
そして…やっぱり笑顔が最重要!

言葉はハッキリ、動作はテキパキ

うーん、刺さります!

やはり、マスのお客様が来られるお店だけに伝票のことや料理を出す順番にナーバスな感じがうけて取れます…

で、ミスした時の対応は、これしかない〜!
そうそう、心からお詫びする…

本当にそう思いますわー(≧∇≦)

ここで、言い訳をかざしてもどうしようもないことが多いから〜!

と、『私語をしません』と言う言い切りが凄いし…なんと言っても、締めの言葉!

お客様と約束します

これが、この標語の言いたいこと!
このお店はお客様のものです!

と、いうことになるのでしよう〜!

正に、一貫性だ!


いやー凄い!
何が言いたいか?って…

高級店ではないせよ、高級店並みのこの標語…めちゃくちゃ一貫性を感じ恐れいったのです!

何度も申しますが…
繁盛店は、自然とはならないのです。
脈々と、そのお店の文化を創ろうとしなければ根付かないのだ…
そんなことを学びました!

ガーサス、日高屋さんでっす〜!

羽田空港におります!^_−☆


うーん、駅前繁盛店の日高屋さんの標語はシャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝。

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介

有限会社  エフ・エイ
取締役社長 
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323

唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
社員・スタッフ育成






これは、あの日高屋さんに貼られていたポスターになります。

おはようございまする〜
何度もお書きしますが…本当にて空梅雨の様相が〜

唯一無二の接客コンサル 
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


一年くらい前に、我が駅の近くにあの日高屋さんに何回か行ってるんですが…
ここのところ、行ってはいけない〜と思いつつ…深夜に行ってしまってたりします☆〜(ゝ。∂)

で、この前伺った時にこのレジュメが貼ってあるに気が付きました〜^_−☆

ご覧ください!

このレジュメのトップを!

お店はお客様のもの

大きく書かれています〜
又、日高屋さんの凄いところは、このレジュメがお客様(私)の見えるところに、堂々と貼ってある点です!

つまり、お客様とそこで働くスタッフとの一種のコミットと言うことになるかと…

外食産業の拡大が今後見込めない中で、何が一番大切なのか⁈
を日高屋さんとして、追求した内容になっていると感じました〜(≧∇≦)

調理については、正しさが一番早さは二番…こう書いてあると調理スタッフが迷わず正しい調理をしますよね⁈

その後に…
提供を迷った時は作り直す
とも書いてあります。

作る人の心理をよんだこんな言葉が、日高屋さんの調理を支えているのですね〜☆〜(ゝ。∂)

これは、クレドと言われる内容に近いのかなぁ〜なんて考えました!
揺るぎ無い約束を堂々とお客様に見せ、コミットする!
できそうで、できないことの様に感じます。

で、この言葉を思い出しました〜!

当たり前のことを
当たり前に
当たり前にし続ける

正に、日高屋さんはこれを実践されているからこんな時代になっても増収増益を重ねてらっしゃるのだ!と理解出来ました!

ハッキリ申し上げて、中華そばのあの魚介の香りがスープ…
私、大好きなんでっす〜^_−☆

ちょっと脱線しましたが…

お店はお客様のもの

言えそうで、言えない言葉に感動致しました。


うーん、駅前の日高屋さんはシャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝。

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介


有限会社  エフ・エイ
取締役社長 
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323

唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
社員・スタッフ育成


昨日は、ジュエリーのお仕事させていただきました〜^_−☆

おはようございまする〜
これをしないと、錆びますから(≧∇≦)
それは…接客でっす〜!

唯一無二の接客コンサル
『スタッフ育成』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介


このBlogで何度か、ご紹介させていただいておりますが…

私、ずーっとジュエリービジネスをしておりました〜^_−☆

大学を出て、百貨店でジュエリーのスペシャリストとして16年勤め上げ、2000年7月に独立・起業。
わかる方にはわかるでしょうが…
百貨店の上位顧客の外商顧客に特化したジュエリーのブランドを立ち上げました〜

その名も

Dear M

ハイ!
ディア・M

と、申します。


昨日も成果を出させていただきましたが…

その頃のお話をさせていただきたいと、存じます。

独立を考え始めたトリガー・きっかけは…1997年、母親の癌がみつかったことから端を発します(≧∇≦)
あの頃、毎週、大阪の病院に入院していた母親を見舞いに行ってた時…病室を出ようとしていた私に母親が、私に…
『俊ちゃん〜いつもありがとうね!
母さん思うねんけど…
あんたには、おじいちゃんの商人の血が流れてると思うねんよ…
勤め人もええけど、あんたやったら一人でもやっていける〜と母さん、そう思うわ〜』


そのたった一言から、私の人生が変わってゆくのです! 


その足で、新大阪駅から新幹線に乗る前に、ビジネス書の置いてあるコーナーに立ち寄った私は、稲盛和夫さんの【成功への情熱】と言う本を買い求めます。

で、2時間半…その本を一心不乱には読みました…
東京駅に降り立った私は…
『いつ、会社を建てようか…』
と、言うことを考えていた。

母親の言葉とその本にインスパイアされ、その新幹線の2時間半で独立することを決めていたのです!

仕事に不満があったわけでもなく、会社にもそれほど不満もなかった…

ただ、何かの運命に引っ張られるがごとく…独立を決めたのだ。

今、思えば、母親の言葉は確かにキッカケにはなったが…若かりし頃『独立したい〜会社を興したい〜』と、言っていたことを思い出した感覚だったのかもしれない…

で、ブランド名は、

ディア・M

これは、ディア・マザーの意味なんですね〜!
母親の一言から決意した独立・起業。
独立・起業の少し前、ちょうどこの頃から…その母親も命のカウントダウンが始まってしまった…
7月4日に会社をスタートさせるのです…

ディア・M

何せ、私はマザコンの代表選手みたいなもの…なんと言われても構わない…

ただ、痩せ細り、黄疸症状がでて白目までが真っ黄色な母親に僕が新しい会社・ブランドを無事にスタートを切った姿を見せたい一心で、三年をかけ準備をしての起業。 
誰に一番見せたかったか⁈

それは、もちろん母親だった…

だから、
Dear M
だった。


あれから、16年の歳月がたった今も、
Dear M
は、健在だった。

確かに、私のビジネスの中で以前の様な中心バッターではなくなったが…心は受け継がれている。

昨日も、多くのお客様にご覧いただき、喜んでいただけた…
もちろん、お付き合いもいただけた。

ただ、ただ
感謝だ!


母さん、昨日も一緒懸命にお仕事させていただきました〜

ありがとう。



うーん、Dear M の精神は永遠ですね
シャイコフスキー(^_−)−☆

感謝。

唯一無二の接客コンサル 
『スタッフ育成』 
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介



有限会社  エフ・エイ
取締役社長 
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323

唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
社員・スタッフ育成




↑このページのトップヘ