2017年07月


熱中症か?的な症状になり、慌ててポカリを飲みました〜(//∇//)  

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター 
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

それにしても暑いっすね〜大汗
昨日は、横浜駅のホームでフラッとしましたー 
あっ、これは熱中症だなぁ〜と思い、慌ててポカリを購入、即飲みました。
やっぱり、もっと意識的に水分を摂らなきゃならない‼️と感じました〜
皆々様もご注意下さいね!

で、一昨日からのホテルの予約担当のネーミングを新しくする件ですが…
一昨日
昨日

名は体を表す

と、申しますが…
自身の仕事がどう言ったコトか⁉️
どう言った機能をお客様に提供しているか?
又は、すべきか?
を考えると、だんだんとその答えが出てきます〜

この場合、確かに予約を承るコトだけが仕事なのか?
が、ポイントになります〜
もし、そうだとしたら…他の人でも出来るのでは?と、言うより、この先、機会(AI)がやる時代が目の前にやってきているのです。
これ、本当です‼️

それは、それで煩わしくなくて良い〜と言った方もいらっしゃるはず…
と、なると人が要らなくなるわけです。

その一方で、それでは味気ない…とか、もっと相談にのってもらいたい〜と考える方も絶対数いらっしゃるはず!

そのお客様の要望は何なのか⁉️
を再認識するコトで見えてきませんか⁈

☆ご予約 お客様サポートデスク
☆お客様 ご相談予約センター

とかとか…お客様のご相談にのると予約時にお客様をサポートする(アドバイスとかひょっとしたらコンサルティング)コトを言葉で明確にするコトは、意義深いと考えます〜
まだ、決定には至りませんが、方向的にはそれが正しい…と、私は考えます。

多くの人は変わったり、新しくするコトにアレルギーがあります。普通そうだと思います。
が、そこで、時代を読み、お客様を観て『何が求められているのか⁈』を察知し変われた者、新しくなった者が生き残ってゆくのです。

大いなるチャレンジをし、自身の成長を求めてもらえれば嬉しいです!

あなたも時代を読んで、ご自身の仕事の機能を考えてみて下さい〜
きっと、今のネーミングより新しくなるーと、考えます。


うーん、お客様に提供している機能から考えてもらえれば良いのかもってコトでシャイコフスキーざんす〜^_^

感謝。

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介


一 無二の接客コンサル

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修


つまり、そう言うコト〜(^з^)-☆

おはようございまする〜
ちょっとずつですが、暑いのに慣れてきたのかもしれないでっす〜

唯一無二の接客コンサル 
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー 
スーパー営業サポーター 
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨日のblogはコチラ→

昨日から、ホテルの予約担当のネーミングを新しくする件についてお話しさせていただいておりますが…

そこで、お考えいただきたいのが何より大切なのが、お客様視点ですよね⁈
で、そのお客様視点と言う言葉…簡単に使いますが、実はそうそう出来るコトではございません…
何故なら、誰もそのお客様に代わるコトができないからですね〜

そこで、そのお客様の要望やお悩み・問題解決をするとして、そのお客様のコトとしっかり会話して知ってもらいたいのです!

営業的に言うと、聴くと言うことが大切なんです‼️

が、特に今回の予約担当と言われるセクションの方々は、お電話での対応がほとんどで、顔の見えない世界でのコトですから〜
と言いつつ、聴くと言ったコトには限界がある〜と考えがちです!

実際にはそう…でもそうしたら、どう発想すれば良いか⁈

ちょっと営業チックな言い方になりますが、お客様に言ってもらう、もっと激しい言い方ではお客様に言わせると言うコトになろうかと〜

もちろん、そのお客様の知りたい部分を察知しお応えするコトが必要なのです。
ただ、そこで終わってはいけない〜と考えます。
だって、そのお客様はご自身の大切な時間を使ってお電話いただいたのですから〜

例え話ですが…

ご予約のご相談をしてるお客様が…『〜〜の記念日だから…』なんて言葉をおっしゃっていただいたとした時、その瞬間に『おめでとうございます㊗️』と言えるか?どうか⁈で、印象はかなりの違いが出たりします。
そして、ここでのポイントは、『おめでとうございます㊗️』と言った時に、言われた相手はなんと返すでしょうか⁉️
ほぼほぼ…『ありがとう〜』と反応視点もらえますよね?
『ありがとう』って言ってもらったとして…この場合…相手から自然と『ありがとう〜』を引き出した(言わせた)コトになるっておわかりになりますか⁈

その引き出すとか言わせるコトが大切なのです。
人は、言葉にし、言うコトで脳に刷り込んでゆくからです(*≧∀≦*)!


又、こうすると、一つ関係性が近くなったと言うコトです(o^^o)し、そこを考えて行動する方としない方…自ずとして結果に違いがあってしかりだーと考えます。

それは、情報収集力によるものです。
が、単なる予約担当ならそこまで考える必要はないかも…ですが…昨日も申し上げましたが〜
お客様の要望やお悩み・問題解決をされたいのがであれば…
情報収集力に注力しなけば、達成しないでしょう〜(o^^o)

そこを考えても…ネーミングって本当に重要なコトだと考えます〜(//∇//)


うーん、お客様から考えた時、単なる予約担当でもよいのかもしれません…でもそんな期待値の中それ以上のコトが出来れば、お客様の満足には必ず近づくってシャイコフスキーざんす〜

感謝…
 
唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター 
モヒカン紳士
生駒俊介

一 無二の接客コンサル

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修






これ、リアルに研修での課題だったのですけど…

おはようございまする〜
昨日の横浜は、気温はそうでもないですが、湿度が高めです…

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー 
スーパー営業サポーター  
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


以前に、このblogでご紹介させていただきましたが…
私が支援させていただいておりますホテルのお話です…

ホテルショップで勤めているスタッフの名称を『アドバイザリースタッフ』に変えさせていただきました。
そうすることで、自分達の仕事の本質がみえてきますし、そこに自覚が生まれ行動が付いてくると私はわかっていたのです。
おかげさまで、その名称も定着し成果に繋がりつつあるわけですね!(^з^)-☆

私達の仕事は、お客様のお買い物(主にお土産)のお手伝い(アドバイス)をするコトです。


で、今回、そちらのホテルの予約担当という部署名の名称を変えてはどうか⁈と言う話になり、その名称を考えてくるとどうなる?と言うコトを研修のアウトプット課題とさせていただきました。

面白い!

先ず、興味深いコトは全員発表していただいたネーミングが違った名称だったコトです。
全員同じ研修を受講してもらって、その意図もほぼほぼ理解していただいていると考えれる中で、考えてきてもらったネーミングが全員違っていたのです。
これって面白くないですか〜⁈
考えてきてもらったネーミングは、どれも間違っていない…と考えますし、発想そのものが多様化している証かと…

予約担当

このネットの時代…と言われても、まだまだお電話でのお問い合わせや予約って多いわけです。
もちろん、ホームページや色んなサイトはあるわけです。ですが、お電話のお問い合わせも無視できません〜 

で、考えれるのは大きく言って③つの理由があります。

①ブランが多くて迷ってしまう…これは、先日、私が直面した理由になります。
実際ホテルのホームページでは、色んなブランが売られして…これとこのブランの何処が違うのか?非常に違いがわかりにくく、どうなんだ⁈と思った時、『それじゃあ聞いた方が早い』…ってなったわけですね〜(^_^*)

②自分の旅行目的にあったブランを相談したい…これまた、先日の私の悩みと同じです。
今回なら、子供をプールに入れてやりたい〜との目的がハッキリしているわけで、その目的にあったブランを相談したいわけですね(^.^)

③ターゲット層がポイント…どこの年代、どこの層がお客様なのか⁈で違ってきます
例えば、ご年配のお客様が多いとまだまだお電話のお問い合わせが多いでしょうし、どこの年代、どこの層、そして地域性により、お問い合わせの行動パターンが決まってくるのでは?と発想します。

そこで、考えるべきコトは何なのか?

お客様は、何故?お電話でお問い合わせをして来るのか⁉️です。
単に予約をする為にわざわざお電話をされるのであれば、予約担当でオッケー👌

ちょっと待って下さい〜
例えば、そのお客様の要望を聴くコトやお客様のお悩み・問題解決…をしてさし上げると言うコトなら、単なる予約担当ではないわけです。

ですよね…?

いかがでしょうか〜⁉️

あなたなら、どう考えられますか?

今回は、こうしてホテルの予約担当と言ういわば常識を新しくしたい〜のです。

ちょっと、お考えいただきましょう〜 
では、この続きは明日に(*≧∀≦*)


うーん、そう考えるとちょっとみえてきたりしませんか〜?
みえてきたら、シャイコフスキーざんす〜( ✌︎'ω')✌︎

感謝。

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介

一 無二の接客コンサル

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修



これは、私の経験に基づく考えなんですが…その④+1のその3

おはようございまする〜
昨晩、松山から帰ってまいりましたー

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


今週は、人財育成…それも成果を出しやす人についてお伝えしました〜

かなり主観的な様ですが、的は外していない!と考えます。

実のところ、これらの内容は、私の研修の最初と最後に必ず伝えているコトなのです。

昨日までのこのシリーズのblogは以下の様になります…



で、最初の4つとその後をわざわざ+1としているには、理由がございまして…

素直であって
勉強家であって
決断が出来て
情熱を持ち続けられても

最後の最後は、それらを行動に結びつけれるか⁉️

ってコトに成果を出せるか⁈は集約されると考えます。

〜〜をやって下さい
〜〜をやりましょう

と申し上げても、本当の意味で行動に移していただかなくては、意味のないコト

その時の人の心理は大別すると二つに分かれる…
①やる…理由をハッキリさせて行動する
②やらない(出来ない)理由をみつけて行動しない
なんですが、多くは②だったりするのではないでしょうか〜⁇

当家の三才半の娘でさえ、何かの防衛本能がはたらき、言い訳を口にするのです…もっと生きていれば生きている程言い訳の天才になるのは当たり前かと〜〜大汗💦

このシリーズの最後にお送りさせていただくコトは…

やらない(出来ない)理由を口にする前『どうすれば出来るか?』を考え行動出来るか人

と言っている私も100%ではなく、常に出来ない理由との葛藤です。
ただし、それを俯瞰的にみれるか、どうか?で、又、意味も変わってくるのだと考えます。
それらをわかって、次に繋げれるか⁉️



☆今日の冒頭のコトバを読み返していただきたい!

歩いているうちに歩き方を見つける
飛んでいるうちに飛び方を見つける

先ずはやってみよう〜
とにかく、初めてみよう〜

誰も歩き方を知らなかったのに、いつの間にか歩いている
誰も飛び方を知らなかったのに、いつの間にか飛んでたりします。

やらない(出来ない)心に封印をして…
どうすれば出来るか?
を少しだけ考えて‼️


うーん、物事は初動が一番しんどい…だから、先ずはやってみよう〜とにかく初めてみよう〜の精神はシャイコフスキーざんす(^.^)

感謝。

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介


唯一 無二の接客コンサル

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修





これは、私の経験に基づく考えなんですが…その+1の2

おはようございまする〜
今朝も松山・道後温泉から〜〜

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術0』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


梅雨明けもして、これからあの暑い夏がやって来ますね〜

私の小学校の頃というと、暑い日で31〜32度でしたが…このごろというと34度とか35度とかが平気であったりします…
やっぱり、これって異常気象なんでしょうね〜〜(^_^*)
地球温暖化って確実に進んでいる様な気がするのは、私だけでしょうか…


ところで、本題に〜〜

昨日までのこのシリーズのblogは以下の様になります…

第一弾〜は、以下をご覧下さい〜

『人は言い訳をする天才だ‼️』 

それも、出来ない言い訳の〜〜
で、昨日の宿題はお考えいただけましたか〜〜?

そうそう、当家の三才半の娘か自分のお茶を運んでいてこぼしてしまった時に、なんと言えば良いでしょうか〜⁈
ってコトなんですが… 

では、では、何故⁈こんなコトを話題にするか…⁉️
それは、そこに人財育成の根本がある…と信じるからです。

子供と教育と人財育成…一見似ても似つかないこの二つのカテゴリーが実は同じだってコト…でっす。


もったいぶっても仕方ないので…

当家奥さんは、『何故⁈』ときいたのでですが…ここに人間の習性と防衛本能がはたらくケースが多いのです。
もっと具体的に申しますと…

人は質問されると無意識に答えを考えてしまう動物なのです。

この場合で言うと…
全く関係のない、お父さん(私)のせいにしょう〜自分は悪くない…と言う防衛本能が働いたわけですね〜
つまり、言い訳を考えた…と言うコト他にないわけですね〜^ ^

だとしたら…なんと言えば良いか⁇

私の導き出した答えとしましては…

『どうしたら、こぼさないで運べるか⁇ちょっとした考えてみよう〜』
です‼️

そうしたら、脳はどうはたらくか⁇
少なくとも、言い訳を考えるコトはない…っておわかりになりますよね⁇

これは、人間の真理をついた心理学から導き出したコトバなのです。

そして、ここからが最重要なんですが、『どうしたら、出来る様になるのか⁇』考えるコトほど有意義な発想はない!と考えます。

いかがでしょうか〜⁉️

勘の良い方ならおわかりかと…
実は、この発想は部下を教育する時の基本概念になります。

再度、申し上げますが…
『何故⁇』
ではなくて…
『どうしたら…⁇』
です。


うーん、まだ三才半の娘にどう、接するか?がわかれば、子育ても楽しいざんす〜(o^^o)

感謝…

唯一無二の接客コンサル 
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター 
モヒカン紳士
生駒俊介

唯一 無二の接客コンサル

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修




↑このページのトップヘ