2017年12月

来年1月24日の夕刻です〜(≧∀≦)

おはようございまする〜
昨晩も上の娘が具合が悪く…

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨晩は一度回復した上の娘が、又、嘔吐し、やるべきコトが進んでいない…
これも、何かの洗礼と考え、今日を迎えました、生駒俊介でっす。


で、先程のフライヤー
ご覧いただけましたでしようか〜⁉️

来年、1月に奈良にて登壇させていただく内容です。
依頼主は、奈良県中小企業同友会様。

これも全部繋がりからのお話です。

先ず、昨年の10月に、我が母校の大阪桃山学院高校の卒業生の会、桃プロ様から登壇依頼を頂戴しました。

それが、きっかけとなり、後輩の吉田光博さんのご紹介により今年の9月に奈良にて登壇させていただきました。
その時の世話役の岡田順也さんの推薦で今回の登壇依頼にいたりました。

1月24日
『どんな方が来られるのですか〜?』
『名の通り、中小企業の経営者、又は幹部の方です』
『どんなお話をすれば、喜んでいただけますかね〜?』
『この前と同じ様な内容であれば、結構ですよ!』
『でも、同じ参加者の方も多いのでは?』
『何人かはいらっしゃいます。と、先生のお話を楽しみにしている方も…』
『と、なれば、全く同じではつまらないじゃないですか…』

と言う会話を岡田さんとさせて頂き、今回はこのコンテンツを披露させていただこう〜となりました。


自己紹介

誰でもが、何らかの場面で求められるコトも多いと考えます。
特に、経営者ともなれば、色んな会に所属されていたり、後、交流会的なシーンでも度々されるであろう自己紹介…

これを私なりに、どう考え、どう話すれば次のビジネスに繋がるか⁉️をまとめたコンテンツがございまして、これを披露させていただこうかと…

エエエエッ⁉️
自己紹介なんて、誰でもするし一緒じゃないの…
違います‼️
思考を新しくして、その意味がわかり、少し練習してもらえば見違える様になるのです(o^^o)
これ、本当です。

だって、そのベースがマーケティングだからです。
エエエエッ⁉️
自己紹介にマーケティングが必要なの⁈
ごめんなさい…
最早、こう感じた方はその日ご都合をつけていただき、このコンテンツを聞くべき方です。

そうそう、 私が考えるに…全ての根源はマーケティングです。
ただ、マーケティングと言うと、
・やたら難しく考えたり
・本もめちゃくちゃ沢山出てたり
・横文字は苦手だったり
・そんなのは、机上論だと思っていたり
・知ったところで、何の役にも立たない
なんて、思いがちですよねー⁉️

それは、確かにそうかもしれません…

そうお考えの方にこそ、聞いてもらいたい!

先日もとある商工会様で、この手のお話をさせていただきました。
その時のアンケートに、『これほどマーケティングを噛み砕き、事例を踏まえて、わかりやすくお話いただいたのは、初めてです』とお書きいただきました。 と、言うくらい、マーケティングの根源をわかりやすくお話させていただきましょう〜( ^ω^ ) 

 良いハサミ

でもね…
いくら良いハサミを持ったとしても、使い方が下手では上手く切れないじゃないですか⁉️
又、良いハサミほど、少しだけ使い方を考えた方が良いかもしれないですよねー(≧∀≦)
そうなんです!
このマーケティングと言うやつも、良いハサミと同じで使い方で全く違ってくるモノです。
使い方がわかると、サッサっと切れるし、考えられない程役に立ちます。

だから、
自己紹介
と言う、経営者が良くお話する時にどうやってこの良いハサミを使うか⁇
を事例にさせていただき、マーケティングを学んでいただこう〜と考えました。

つまり、良いハサミと良いハサミの使い方もお話する〜と言った感じですかね…笑笑

ここまで読んで、直感的に気になった方は、私までご一報下さい‼️
そう、直感的に…です。^ ^

数名ですが、私が岡田さんにお願い出来る席がございます。

関西でなかなかお話する機会もございません…年初め、この機会にモヒカンの話をお聞きいただくのも悪くないかも〜ですから〜


うーん、繋がりが繋がりを呼びます。
だから、一回一回が真剣勝負、来年もこの気持ちを忘れず伝えていきます。
シャイコフスキーざんす( ^ω^ )

感謝。

唯一無二の接客コンサル 

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修




最近良く見る、機能性飲料とは?

おはようございまする〜
今日は、暖かい横浜から〜

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


この写真、先週の金曜日に立ち寄ったドラッグストアで撮った一枚なんですよー

その時、最近、こういうのがよく見るなぁ〜、効くのかななぁ〜〜
なんて、思っていたのです…

その後、横浜・男会で盛り上がり、ほろ酔い気分で電車に乗っていましたら…
奥さんから電話が入り…
『はなび(次女)が、吐きまくっている〜』と、悲惨な状況が伺える電話…

そこから生駒家の断末魔クリスマスはスタートしました(≧∀≦)

帰宅すると…
次女はグッタリしながら、嘔吐を繰り返す
家内は、その後始末に追われる
長女は、興奮して喋りまくる
私の酔いも一気にさめる

聞くとこによると、22日は二人を通わせている保育園のクリスマス会があり、その会場でも嘔吐した園児が何人か続出…だったらしい…


こりゃあ、なんかの菌をもらってきたに違いない(*☻-☻*)
次女な様子を確認、熱はないものの、ややグダッとした様子だ 

救急医療センターに相談の電話だ!
で、結果、救急車に来てもらい、夜間の救急医療機関に運び込まれる

嘔吐どめの座薬を入れてもらい、数時間後効いてきたらしくやっと落ち着く。

朝の6時頃、次女・奥さんと共にやっと寝れました〜

土曜日は、長女と出掛ける約束…
ガストでランチ、ニトリでお買い物、カーディーラーで洗車をしてもらい帰宅。
その頃、次女はようやく復活の兆し。
と、していると長女がお腹が痛い〜
と、言い出す…

おいおい、勘弁してくれよ〜なんて思った瞬間……断末魔第二弾(≧∀≦)

嘔吐が始まる

長女は、物心がついてから吐いた経験がないのでその様子が把握出来ていない…
結局、一晩中、嘔吐を繰り返し、落ち着いたのが朝、日の登る頃…

で、昨日は、その二人の面倒をみる…

午後、奥さんも軽くその症状を訴え、残るはこの私…どうにか、今のところはその症状は出ていない…

あー、今年のクリスマスは疲れしか残っていないでっす〜(^ν^)
ラネージュさんに頼んでいたクリスマスケーキも取りにも行けないので、キャンセルをさせていただき…
長女が楽しみにしていた、ぷりきゅあアラモードのシャンメリーでの乾杯も出来ず…
生駒家のクリスマスはそんな感じでした〜



でも、受験生を抱える家庭なら本当に大変だなぁ〜なんて考えていたら…

そうか⁉️
だから、こういうのが売れるんだ‼️

を実感。プラズマ乳酸菌…

去年に、食べるマスクの話題もお書きしましたが、その一連の流れのようですね〜


まもる力のサプリ

特にこの宣伝の場合…
ターゲットを受験生に絞っていて
飲んでいる受験生を
『デキる受験生』と称して、くくっていたり
リードコピーには、 
家族みんなの健康管理に
と、そうそう、当家の場合もですが家内感染するとどうしようもないですからね〜
しかも
この価格、試してみるだけの価値はあるかも〜です。


これって、まさしくマーケティングだなぁ〜と、思い出しながら、ヘロヘロにて今年の最終週の月曜日を迎えました〜

サンタさんからのクリスマスプレゼントもセット出来ました…^_^
後は、娘達をおこすだけです。

さー、残すところ今年も後一週間です!
機能性飲料を飲んで、乗り切って下さい‼️


うーん、こうならない時のためのサプリメント…
これを、転ばぬ先の杖と言うのでしよう〜
シャイコフスキーざんす(o^^o)

感謝。

唯一無二の接客コンサル 

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修

街は、クリスマス一色になってきましたね〜(^^)

おはようございまする〜
昨晩の横浜・男会も盛り上がりました‼️
ご参加、ありがとうございます😊

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

いやはや。昨晩も活況のうちに男会を打ち上げました〜

男だけで楽しく学ぶ

が、テーマのこの会、メンバーの出入りはあるものの地味に二月に一度ペースで続けております〜
スタート、1時間セミナーとその後のバカ飲み会、それも男だけ〜ということで、毎回盛り上がってます‼️


と、昨日までの二回に渡り、
地方百貨店の受難についてお書きしました〜
そうしましたら、ナント
その昔、まだまだ私が独立したての頃にお世話になっていた、某デパートさんの社員の方からコメントをいただきました〜
ただ、その方とはフェイスブックでも繋がっていない方でした〜追記しますとフェイスブックでも共通のお友達が0ということでした(*☻-☻*)
ので、よくぞ探していただけた…という感じで、いささか驚きました!

これが、SNS時代に普通に起こるコトなのだ〜を実感致しました。 

で、地方百貨店はしんどく東京の百貨店は大丈夫だと思うのです…
それは、人口の一極集中型やインバウンド客が狙える点、はたまた富裕層の数も圧倒的に多い点。又、ある百貨店では最早そんな富裕層のみをターゲットとしてたりします。
てな具合で、東京という巨大マーケットには当てはまらないとも考えられますが、企業体質は何ら変わらないのかもしれないですね〜(≧∀≦)

覚悟と決断

私の営業研修の導入にしましても、それなりのフィーをお願いしますので、ご決断がいるのかもしれません…
ただ、これを投資だとお考えいただくと最終的にリターンがあれば何ら問題もないのでは⁇
それより、有益で明日から使えるノウハウを提供させていただけるのです。
モチベーションは上がり&下がりしますが、ノウハウは永遠です。そのノウハウの使い方までお教えさせていただくので、ほぼほぼ成果に直結してゆきます。
ただし、スタート時はノウハウの手前の基本的思考にフォーカスしてゆきますので、そこの構築をしている間は早々に成果は出ないですね!
業種、業態にもよりますが、第8講か第9講あたりにどえらく化学反応が起きる様にカリキュラムを組みますので、そこまで少しの間ご辛抱いただかなければなりませんが…
その時辺りに、投資とリターンを実感していただけると考えます‼️

と、なんとなく研修をしてくれ…
私は、しません。

そこで、最も重要なのが研修のゴール設定です。そのゴール設定に向かって研修は進められます。

そのゴールを決めるにあたり『覚悟と決断』が必要となります!
何故か⁇
それは、研修中はこの男生駒に全権を委ねなければならないからです。

それこそが、研修の成果につながる為の覚悟と決断になるのでしょう〜


うーん、いずれにせよ、覚悟と決断が出来ない経営者や族長が旗振りをしているのでは、成果に繋げるは難しいのかと…
そこら辺りがわかっているオーソリティならシャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

唯一無二の接客コンサル 

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修

  
昨日のblogの続きですが、今日はその根底に潜む本質をお話させていただきます〜

おはようございまする〜
今朝は、寒さは少しマシですかね…

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


昨日、丸栄さんの閉店のニュースから地方百貨店の問題点の一つをお話させていただきましたー
昨日のblogはコチラ


でね…今日のお話…これは私の経験談なんですが…

当時、私は百貨店さんを通して、昨日のお話の外商顧客をターゲットにしたジュエリーブランドを立ち上げ商売をさせていただいてました。
おかげさまで、数字も人も大きくなりお取引きいただく百貨店さんも増えてきた頃…

ある北関東にある百貨店さんと深く繋がるコトになります…
元々、池袋にある本店からのご紹介で伺う様になったのですが、新しいブランドを導入しても既存の元版の会社さんに潰されて新ブランドが育たない土壌…
当社は、若い女性スタッフを投入、少しずつシェアを増やしていくコトに成功していきました。

と、ある時、私がそちらの百貨店さんにご挨拶に伺った時…
新任部長から『社長なら色々他のデパートのやり方もご存知なはず…ちょっと新しい企画持ってきてもらえないかなぁ〜⁉️外商部長からマンネリしている…と指摘があって困っているんだよ…でも、経費の問題もあるし…ヨロシク頼みます』
『わかりました!そんなに経費のかからない企画で、速攻性のある企画ですね〜
ちょっと前にSさんとのタイアップでさせていただいたのが、良いかと…売り上げ的には三日間で300万程度、上手くハマると500万近く。経費は、御社負担で10万だけみていただけますか〜⁇他の販管費はコチラでみさせていただきます』
『さすが、社長!企画書をあげてもらえるかなぁ〜直ぐに外商部長に話してみるから〜』
と、言うことになり、その日の夕方には、企画書を売り場の部長に提出致しました。

数日間後…

その部長から残念な報告が…
『社長、申し訳ない…外商部長に話したところ、企画は通らなかったわ〜』
『それは、残念ですね〜ちゃんと企画書も上げましたし、これからのコトもございますので理由だけ教えていただけないでしょうか〜⁉️』
『恥ずかしくて言えないよ…実は、外商部長が言うには、
そんな企画前例がないからダメだ
と、言われたんだよ』
『…新企画ですよね…前例…ありがとうございました』
これは、本当にリアルに再現したモノなんです…私は教えてもらいたかった
前例のある新企画を〜(≧∀≦) 

まだ、話はこれで終わりません…

最近の話…
上記の話を、埼玉の地方百貨店の取締役に笑い話に例えながら、これからの優劣は『接客』にあると考えます。
私の考えます『接客革命』を断行していただくと、こんな世界が見えます〜
もちろん、色々ご相談いただいたのでその一つとしてご提案させていただきました。
『当社は、これから色んなコトにチャレンジしていかなければ生き残っていけない…と考えております。ちょっと考えてご返事申し上げますね…』
と、老舗百貨店の取締役に接客革命がもたらす価値をお話させていただきましたー

接客革命 

これは、何処の小売店や飲食店でも使っている『あの言葉』をNGにするコトから始まるのですが…
そして、もう一つは店内POPの見直し、全て手書き又は手書き風にしよう〜と言うもの、それは、マーケティングがわからないと出来ないコトなのです。

つまり、スタッフ一人一人がお客様のコトをキチッと観て、接客をするコト…
そして、マーケティングを考えるコトにより接客だけでなく、品揃え、はたまたディスプレイに至るまで、お客様目線で出来る様になるのです。

そして、そんな取り組みを『接客革命』と題するコトで話題性を生み…とその効能は計り知れないのです。

でも、やるとなったら断行のレベル

何故なら、今までの自分達のやってきたコトを全否定しなければならないですし、百貨店さんがやり遂げるには相当な覚悟が必要だからです。

だから、
そのお手伝いを私がさせていただきますよぅ〜‼️的なものでした。 

結果…
『確かにいい企画で、他の百貨店を考えても類を見ないコトですね〜
ただ、当社では、そこまでの改革は出来ないと考えます。何故なら…』
すみません…ここからは、耳に言葉が入って来ませんでした。


おわかりになりますか〜⁇

彼等は…
新しいコトを始めなければならない…と言う危機感は持ち合わせています。が、新しいコトが出来ない集団なのです。 

そして、新しいコトを自分達では考えられないコトにも気付いています。

ただ、出来ない…
のか、したくないのか⁇

何故なら、そこには『どうにかなる…』みたいな甘い考えがあるからでしょう〜⁉️
又、ほとんどの百貨店さんに残っている社員は考えない方が多い…何故なら面倒くさいコトは取引先がやってくれるからです…自分達はその内部調整役みたいな感じが仕事になっています。
その体質が可笑しい…と思った人間は、とうに辞めているでしょう〜笑笑

手遅れになる前に、適切な処置をすれば良いのに、くるところまでくると残念ながら丸栄さんの様になるのです。

そして、自分達で出来ないなら時間とお金と労力を費やしてでも、他の手を借りるしかないのです。それが、最もな有効手段だからです!
それも、現場に則したコトをしないと即効性もないのです‼️ 
お偉い先生を呼んで、財務体質や労務管理を見直すコトも必要ですが、現場のスタッフに考えるコトの面白さを伝え、且つ、モチベーションをしっかり上げるコトの方が一番の責務なのに〜

そして、そこの中心には
『お客様の存在』
を忘れないコト‼️


スタッフ(現場)のレベルアップ
顧客にどんな価値を提供しているのか⁇
するべきなのか⁇


ひょっとして、これはどの会社も抱える問題の縮図かもしれませんね…

地方百貨店の現状から、色んなコトが見えてきます…
あなたは、どう考え、どう行動されますか⁉️


うーん、昨日&今日はちょっとえぐった書き方になりました…
でも、やりようはあります!
そこに決断と覚悟があれば〜
シャイコフスキー^_^

感謝。

唯一無二の接客コンサル 

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修


昨日のblogの続きですが、今日はその根底に潜む本質をお話させていただきます〜

おはようございまする〜
今朝は、寒さは少しマシですかね…

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


昨日、丸栄さんの閉店のニュースから地方百貨店の問題点の一つをお話させていただきましたー
昨日のblogはコチラ


でね…今日のお話…これは私の経験談なんですが…

当時、私は百貨店さんを通して、昨日のお話の外商顧客をターゲットにしたジュエリーブランドを立ち上げ商売をさせていただいてました。
おかげさまで、数字も人も大きくなりお取引きいただく百貨店さんも増えてきた頃…

ある北関東にある百貨店さんと深く繋がるコトになります…
元々、池袋にある本店からのご紹介で伺う様になったのですが、新しいブランドを導入しても既存の元版の会社さんに潰されて新ブランドが育たない土壌…
当社は、若い女性スタッフを投入、少しずつシェアを増やしていくコトに成功していきました。

と、ある時、私がそちらの百貨店さんにご挨拶に伺った時…
新任部長から『社長なら色々他のデパートのやり方もご存知なはず…ちょっと新しい企画持ってきてもらえないかなぁ〜⁉️外商部長からマンネリしている…と指摘があって困っているんだよ…でも、経費の問題もあるし…ヨロシク頼みます』
『わかりました!そんなに経費のかからない企画で、速攻性のある企画ですね〜
ちょっと前にSさんとのタイアップでさせていただいたのが、良いかと…売り上げ的には三日間で300万程度、上手くハマると500万近く。経費は、御社負担で10万だけみていただけますか〜⁇他の販管費はコチラでみさせていただきます』
『さすが、社長!企画書をあげてもらえるかなぁ〜直ぐに外商部長に話してみるから〜』
と、言うことになり、その日の夕方には、企画書を売り場の部長に提出致しました。

数日後…

その部長から残念な報告が…
『社長、申し訳ない…外商部長に話したところ、企画は通らなかったわ〜』
『それは、残念ですね〜ちゃんと企画書も上げましたし、これからのコトもございますので理由だけ教えていただけないでしょうか〜⁉️』
『恥ずかしくて言えないよ…実は、外商部長が言うには、
そんな企画前例がないからダメだ
と、言われたんだよ』
『…新企画ですよね…前例…ありがとうございました』
これは、本当にリアルに再現したモノなんです…私は教えてもらいたかった
前例のある新企画を〜(≧∀≦)

まだ、話はこれで終わりません…

最近の話…
上記の話を、埼玉の地方百貨店の取締役に笑い話に例えながら、これからの優劣は『接客』にあると考えます。
私の考えます『接客革命』を断行していただくと、こんな世界が見えます〜
もちろん、色々ご相談いただいたのでその一つとしてご提案させていただきました。
『当社は、これから色んなコトにチャレンジしていかなければ生き残っていけない…と考えております。ちょっと考えてご返事申し上げますね…』
と、老舗百貨店の取締役に接客革命がもたらす価値をお話させていただきましたー

接客革命

これは、何処の小売店や飲食店でも使っている『あの言葉』をNGにするコトから始まるのですが…
そして、もう一つは店内POPの見直し、全て手書き又は手書き風にしよう〜と言うもの、それは、マーケティングがわからないと出来ないコトなのです。

つまり、スタッフ一人一人がお客様のでコトをキチッと観て、接客をするコト…
そして、マーケティングを考えるコトにより接客だけでなく、品揃え、はたまたディスプレイに至るまで、お客様目線で出来る様になるのです。

そして、そんな取り組みを『接客革命』と題するコトで話題性を生み…とその効能は計り知れないのです。

でも、やるとなったら断行のレベル

何故なら、今までの自分達のやってきたコトを全否定しなければならないですし、百貨店さんがやり遂げるには相当な覚悟が必要だからです。

だから、
そのお手伝いを私がさせていただきますよぅ〜‼️的なものでした。

結果…
『確かにいい企画で、他の百貨店を考えても類を見ないコトですね〜
ただ、当社では、そこまでの改革は出来ないと考えます。何故なら…』
すみません…ここからは、耳に言葉が入って来ませんでした。


おわかりになりますか〜⁇

彼等は…
新しいコトを始めなければならない…と言う危機感は持ち合わせています。が、新しいコトが出来ない集団なのです。

そして、新しいコトを自分達では考えられないコトにも気付いています。

ただ、出来ない…
のか、したくないのか⁇

何故なら、そこには『どうにかなる…』みたいな甘い考えがあるからでしょう〜⁉️
又、ほとんどの百貨店さんに残っている社員は考えない方が多い…何故なら面倒くさいコトは取引先がやってくれるからです…自分達はその内部調整役みたいな感じが仕事になっています。
その体質が可笑しい…と思った人間は、とうに辞めているでしょう〜笑笑

手遅れになる前に、適切な処置をすれば良いのに、くるところまでくると残念ながら丸栄さんの様になるのです。

そして、自分達で出来ないなら時間とお金と労力を費やして、他の手を借りるしかないのです。それが、有効手段だからです!
それも、現場に則したコトをしないと即効性もないのです‼️
お偉い先生を呼んで、財務体質や労務管理を見直すコトも必要ですが、現場のスタッフに考えるコトの面白さを伝え、且つ、モチベーションをしっかり上げるコトの方が一番の責務なのに〜

そして、そこの中心には
『お客様の存在』
を忘れないコト‼️


スタッフ(現場)のレベルアップ
顧客にどんな価値を提供しているのか⁇
するべきなのか⁇


ひょっとして、これはどの会社も抱える問題の縮図かもしれませんね…

地方百貨店の現状から、色んなコトが見えてきます…
あなたは、どう考え、どう行動されますか⁉️


うーん、昨日&今日はちょっとえぐった書き方になりました…
でも、やりようはあります!
そこに決断と覚悟があれば〜
シャイコフスキー^_^

感謝。

唯一無二の接客コンサル 

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修

↑このページのトップヘ