驚異の300点越えって…

おはようございまする〜
いよいよ、今年も後、1カ月になりました…

唯一無二の接客コンサルタント
『魂のスタッフ研修』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

イヤ〜!(◎_◎;)
度肝を抜かれる…といいますか…?

若干20歳に世界が驚愕しました!

フィギュアスケートの世界で300点をはるかに超える322点とは、
前人未到の数字なのだ!


それをやり抜いたのが…
羽生結弦!
若干20歳。
ご存知、ソチオリンピックの男子フィギュアスケートのゴールドメダリスト!
私は、覚えています。
その時のインタビューでも『確かに金メダルは取った、でも、自分の演技にはまだまだ満足していない…』って彼は言っていたのです。
ゴールドメダリストですよ?
普通なら、とりあえず満足するじゃないですか?
だって…世界ナンバーワンを目指してきたわけですから…

ストイックとは彼のための言葉なのかもしれません…

アスリートで世界の最高峰に位置する人間の共通項…最後の最後は…

自分との戦い

なんだということでしょうね!


さかのぼるは1カ月まえ………
グランプリファイナル・カナダ大会において〜
ショートプログラムでの4回転ジャンプを失敗をし、ライバル(⁈)パトリック・チャンに次ぐ2位だったのは承知の通り。

それが、彼に火を付けたのだ!

シーズン途中でのプログラム変更は異例中の異例だ。
4回転ジャンプをショートとフリーで5回…しかも、連続ジャンプ付きで…
やってのける。

それだけではない、3回転半のトリプルアクセルを2回…

ジャンプだけではない。

彼の凄いところは、華やかなジャンプだけでなく、スピンやスケーティング技術も超一流だという部分だ。
滑り込んでいる。
加えて、曲のイメージを掴み取る演技構成にも眼を見張るものがある。

まず、今回のNHK杯で言うと…
正に異次元に到達したのです!
322点。


今回のインタビューで口にした言葉…
『血のにじむ様な練習をした』が印象的だった。
イヤイヤ、あなたがそこまで言うのだからどのくらい練習したのか⁈常人には、想像がつかないレベルなんでしょうね…汗…

と、彼を突き動かす言葉がコレだ!

『絶対的王者』


考えられないほどのタフな精神力。
それを知らしめるために、普通では考えられないプログラムを組み、考えられないほどの練習を積み重ね、異次元に到達したのだ。



意地とプライドをかけた戦いがそこにある。

これこそ
他の追随を許さない存在
ってコトだろう…

それは、ひょっとしたら



の領域かもしれない…

そして、若干20の男から『お前なんて、まだまだまだだ!』ってことを見せ付けられた気がした…

ありがとう。

うーん、やっぱり羽生結弦は断然シャイコフスキーざんす(^_−)−☆

感謝。

唯一無二の接客コンサルタント
『魂のスタッフ研修』
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介


有限会社  エフ・エイ
取締役社長 
オフィシャルサイト:http://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

接客コンサルタント
店舗コンサルタント
社員・スタッフ研修
『魂のスタッフ研修』