先日、あるスーパーマーケットで見たPOPですが…

おはようございまする〜
やっと、晴れました横浜から〜

唯一無二の接客コンサル  
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


久しぶりの晴れ間で、桜の開花も進みそうですね〜
今日は、インプットデーにつき、これから目黒まで出掛けます〜


先日、横浜のある大手スーパーマーケットにたまたま立ち寄った時に見かけたPOPでっす〜

良くございます、広め目の通路の真ん中にワゴンがあって、商品が置いてあって立て看板があるって感じなんですが…

要はこんな感じ〜^ ^

で、何が言いたいか…⁉️

販売しているモノは確かに…『行楽消耗品』つまり…

紙コップ
紙皿
紙ナプキン とか…

ハイ、『行楽消耗品』でっす〜^ ^
確かに(≧∀≦)
安いに越したコトはない…確かに⁈
ただ、そこに顧客心理を考えた形跡が見られたか…

でも、買う側の頭に、そもそも『行楽消耗品』と言う言葉があるでしょうか⁉️

これから、春がやって来て、桜が咲き出し、お花見シーズンや公園で休みの日にお弁当をひらける、ビールの一杯でも飲むコトを楽しみしている方々が、『行楽消耗品』を探しているでしょうか⁉️

何が言いたいか…ここからが本題ね〜

この言葉…『行楽消耗品』自体が売る側の言葉であり、買う側の言葉でない‼️と、言うコトに気付いてもらいたい〜のです。

と、言うコトは…そこに疑問を覚えないお店…と、言うコトは、お店の論理、つまり、売る側の論理で成り立っている〜と判断されるのですわ〜(^ω^)

せっかくPOPを出すのなら…
読むお客様、観るお客様、買うお客様の感情を理解して書いて貰いたい〜ものでっす〜^ ^

そう、感情を動かす様なPOP…これが出来るか⁈どうか⁈は、マーケティングの基本を理解し、なおかつ、顧客心理を理解出来るコトに繋がるのだ‼️

そして、テクニックだけに走らず、書き手の心が表れていると素晴らしい〜と考えます。

そんなPOPで情報発信出来るお店が最高だと私は信じています。


うーん、感情に刺さるPOPを考えるコトがマーケティングにとってシャイコフスキーざんす〜^_^

感謝。

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介

  唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修