連日熱戦の続く甲子園…

おはようございまする〜
甲子園もベスト4が出揃いましたね〜

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

夏の甲子園、今年のベスト4は…
東海大菅生
天理
広陵
花咲徳栄
になりました〜

連日、熱戦が続く甲子園…ネットでも話題になってますが今年も物凄いドラマがありましたね〜
私、土曜日ちょうどテレビでみてたものですから〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

それは、一昨日の大阪桐蔭と仙台育英の9回にやってきました〜

こう見えまして、私、元アスリート、そして大学でコーチとして15年、学生の指導をしてきましたので…指導者的な目も持つので、ちょっと見方違っているのかもしれません…

誰もが、あの9回裏のあのワンシーンに注目が集まっていますが、私は9回表の終わり方をみて、そんな予感がして、『仙台育英、勝てるかも〜』と家内にボソッと言ったのでした…

それは、大阪桐蔭のワンアウト一塁の攻撃…サードゴロゲッツーでチェンジになったシーン…
どう見ても攻撃を急いだ感があったのです…なんと言うか…攻撃しているのに関わらず『心ここに在らず』と言うか…この攻撃が早く終わって、守って勝ちたい〜って感じが伝わってのですね〜

で、しかもダブルプレーでゲームの流れを相手に渡してしまった感じがしたのです。

流れって大切ですね‼️

スポーツは特に流れってありますよね!
ハンドボールも同じで、合計60分のゲームをどちらが時間を支配するか?を考えてゲームの組み立てをします〜

で、大阪桐蔭もゲームの支配権をこの打ち急いだダブルプレーで仙台育英に渡してしまったわけですね〜 

それにしても、2アウトランナー無しからのドラマは凄かったです!

2アウトからヒットで出たランナーが勇気を持って盗塁…そしてファーボール…ここら辺りで大阪桐蔭バッテリーが焦ってきたのです。

早く勝ちたい…

これが、チーム全体に伝染する…

これが、あの普通では考えられないボーンヘッドに繋がってゆくのだ…

で、仙台育英のサヨナラのお膳立ては出来てしまった…

ドラマを作って、喜ぶ仙台育英ナインを尻目に、数分前まで勝利を掴みかけていた大阪桐蔭の選手達が泣き崩れる…

勝負とは恐ろしいモノで…
必ず、
勝者と敗者をつくってしまう。


昨日、たまたまフェイブックをあけていたらその試合のコトにふれていた方がいた…
『その攻撃中に、未だ終わってもいないのに涙を流す仙台育英の選手がいた…
もう、諦めていたのでしょうか〜⁈』
って…

これは、真剣にスポーツをしたコトがない方の意見にすぎない…

甲子園に出るというコトが、彼らにとってどれだけ大変で、本気でないとそこに立てないか…
どれほどのボールを追いかけ、どれほど走り、どれほど投げ、どれほどバットを振ったか…わからない

なのに、本気でスポーツ取り組んだコトのない方…そもそも当事者でもない方が、そこに触れられるのはいかがなものか⁈と考えてしまうのである…

誰も涙を流したいわけではない

諦めたわけでもない

込み上げる想いが、涙になってしまったのだ。

何故か⁈

本気だから…
本気でずーっとここにいたいから…
1分1秒も長くここで野球をしていたいから…

本気だから、人はその姿に感情を揺さぶられるのだ。

本気に勝るモノはない。


私は、研修の冒頭に
私は今日も本気で伝えます
と、自分にコミットします…
それは、受講生の皆さんへのコミットでもありますが…自分へのコミットてもあります。

本気に勝るモノはない。


うーん、その仙台育英も昨日負けてしまった…優勝は広陵か天理かなぁ〜、どちらにせよ高校野球はシャイコフスキーざんす〜=(^.^)=

感謝。

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
モヒカン紳士
生駒俊介

唯一無二の接客コンサル 

人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
有限会社  エフ・エイ
取締役社長  生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

『魔法の接客術』アドバイザー
唯一無二の接客コンサル
接客コンサルタント
店舗コンサルタント
人財育成
スーパー営業サポーター
社員・スタッフ育成
営業社員研修
スタッフ研修