カテゴリ: 商売繁盛

IMG_4628
謹賀新年&明けましておめでとう⛩ございます!

本年もどうぞよろしくお願い致します!

又、この度の北陸地方の地震に際しましては被災されました皆々様におかれましては、心よりお見舞い申し上げます!

#人財育成型®︎研修講師
#魔法の接客術®︎アドバイザー
#スーパー営業サポーター®︎
#モヒカン紳士
#生駒俊介
です〜

関東に住めど、明日は我が身…
この国においては、
いつ、
如何なる
大きな地震が起きてもおかしくない状況ですから、お互いそこの部分は気を張っていかなければならないですねー!

重ね重ね申し上げますが、被災されました皆々様には心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ、余震が続く中、身の安全を確保されますことを祈念致すばかりです。

政治のことを語ると嫌われるかもですが…
この度発覚致しました、自民党の『裏金問題』は、検察の威信をかけて全て解明&逮捕も辞さない覚悟で挑んでもらいたい!
と、切に願います‼️‼️


ところで、2024年もスタート〜
実のところ、この生駒俊介も、この2024年はかなりの覚悟をもって新しい試みを始めます^ ^

その第一弾としまして…
生命保険の営業パーソンのあなたに…
めちゃくちゃ喜んでもらえる企画となります٩( ᐛ )و

今まで、回を重ねること100回を数えております『門外不出の自己紹介セミナー』を完全自動化してみることにしました^ ^

そのリンクが以下となります‼️


▼実証済み!
MDRTになるための
「紹介」が自動的に生まれる
【自己紹介】実践セミナー

https://utage-system.com/p/M9QVDigFFY4r

先ずは、何故この私が生保営業の方々の営業支援をしているか?と申しますと…

生保営業の皆さんの仕事が、ある意味『人を救える仕事』として、物凄く身近な存在たからです。
よく、万が一と申しますが…
その万が一がこの度起こったわけで、多くの方々が犠牲となったり、お怪我をされているわけで…これをみても生保営業パーソンの皆々様は貴重な存在だと私は思うのです!

と、誰でもが最期の時がやってきます…
その時に残った方々への思い、それを形にできるのが『生命保険』の存在です。
ご存知ない方もまだまだ多い様ですが、ある金額まで生命保険は控除を受けられるのです!
そう、現行の税制の中で相続税の支払いが免除されるのです。
と、聞くとその存在の『偉大』さがわかりませんか⁉️

又、会社で有れば、『退職金積み立て』の一環で生命保険を活用することで社会保険料を抑えることが出来たりします!
増え続ける社会保障関係費用、この制度を利用することで従業員、会社共々に有利にはたらくことは歴然なわけですねー

そんなことを詳しく説明出来る立場で、勉強すればするほど『金融のプロ』となり、多くの価値を提供出来るのが、正しく生保営業パーソンなのです。

ご存知でしょうか⁉️
げん、この日本で生保の営業が出来る方の人数を…
ざっくり…124万人なのです!

めちゃくちゃ多いですよね⁈
その中でも、ある一定の水準(数字)に達した方々だけに与えられる称号が
MDRT
と、言われる称号なのです。

その上には、COTと言うものがあり、更なる位にTOTと言われる凄い方々もおられます。

ただ、生保の営業パーソンの皆さんが先ず目指すのが、このMDRTと言われる称号です‼️

で、このMDRTに入れる存在はその124万人のセールスの中のたったの0.4%なのです(๑˃̵ᴗ˂̵)
つまり、凄いってこと!
又、これは、その年取れても、次の年は0スタートですので早々キープするのも難しいわけですが、先ずはMDRT。

で、私が営業の支援をさせてもらっている方が次々とそのMDRTに到達してもらっている〜って聞かれると、いかがでしょうか⁉️

その基本は『あり方』と生駒独自の『やり方』にございます〜^ ^

その独自の『やり方』こそが、自己紹介から切り崩す方策なわけです!

で、この度のセミナーではそのエッセンスをタップリ詰め込んだ価値ある内容となっております。
『無料でここまで公開して大丈夫なのですか⁉️』との声が聞こえてきそうなのですが、『マジで⁉️』と、思われた方は、以下のリンクを覗いてやって下さい!


▼実証済み!
MDRTになるための
「紹介」が自動的に生まれる
【自己紹介】実践セミナー

https://utage-system.com/p/M9QVDigFFY4r


そして、勘の良いあなたならお分かりかと〜
このセミナーは…何も生保営業の方に限った方策では無い!ってことを〜
そう、一般の営業と言うワードを少しでもかじるお仕事の方を始め、個人経営にて営業されているあなたにもご覧いただきたい内容に仕上がっています。

ご覧いただけるとわかりますが、お申し込みいただいた方だけへの『特典』着きになります故、この機会をお見逃しなく&なく!

これは、生駒俊介の新しいチャレンジであり、もちろんこれからブラッシュアップ⤴️してまいります。

クリック、必須ですよ!


うーむ、まだまだ進化します生駒俊介のスーパー企画‼️


▼実証済み!
MDRTになるための
「紹介」が自動的に生まれる
【自己紹介】実践セミナー

https://utage-system.com/p/M9QVDigFFY4r

物事には『先行者利益』と言う言葉がございます〜
そう、この企画も…好評であればあるだけいつ打ち切るか?わかりません故、その点だけご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

本年もどうぞ&どうぞよろしくです😀

感謝。

IMG_2685
先日、スタバに行った時に何気に見つけた告知…

こんにちは♪
#人財育成型®︎研修講師
#魔法の接客術®︎アドバイザー
#スーパー営業サポーター®︎
#モヒカン紳士
#生駒俊介
でっす。

この前スタバに行った時に、そうそう、ミルクポーションとかペーパーナプキンなどが置いてあるカウンターに上記の告知的なご案内がございました〜

最近はエコ的なお店では、プラスチック製のストローを出さないお店も多くなって来ましたねー
紙のストローに切り替わっていたりしますよね⁇
この前、ガストに行った時も同じ様な告知がありました。

やはり、地球環境を考えた時…
プラスチックゴミが、地球環境…特に海の汚れに関係しているとされています。
又、そんな小さなプラスチックゴミを魚や亀、又海を泳ぐ大きめの動物がそれらを食べてしまい、生態系をも脅かす現状であることは今や誰でもが知っている〜と考えます。

ただ、その一方で…紙のストロー、あなたはお使いになったことがございますか?

飲み始めは良いのですが、どうでしょう…紙は所詮、紙…
途中から飲み物が沁みてきた、やがてフニャフニャになってきたりします…
飲んだ感じも良くないし、美味しい様にも思えないですよね⁇

そこで、やっぱり『プラスチックが飲みやすいし、美味しく感じる』ってことで、プラスチック製のストローの要望もあってしかりだと思います。

そこで、上記の様な事前告知があればどうでしょうか⁇
一言でいうと…なんか安心しませんか⁇

たとえ、それを頼まないとしても…この一言があっただけで安心する…
そんな効果を生み出す案内だと思うのでっす!

そうなんです〜
諸々、お店をやっていると色んなお客様がおいでになって対応しきれないことなんかもあったりします。
人の感覚は、人それぞれですからー
そうなりますと、怖いのがクレームになります。
お店にとって、クレームほど厄介な存在はないのでっす!

もちろん、ストローを紙に換えただけで(私にとってはそんな感じ)、多大なクレームに発展することも予想されます。
そんな時に、上記の様な事前案内があればどうでしょう…
少なくとも、その防御策になると思いませんか⁇

その一方で、昨日伺ったもんじゃ焼き屋さんでの出来事…
家族で浅草近くのお寺サンにございます、亡き義父のお墓参りに行った帰りに立ち寄ったもんじゃ焼き屋サン…
前の日にネットで調べて、『このお店、美味しそう!』と思いネット予約して伺ったのですが…

入って、メニューを見ながらあれこれ選んでいる最中に…
『当店はお一人様ワンドリンクお願いしておりますので〜』
って、知らんがな‼️
とは、言わず、『そうなんですねー』と言いながら、娘達にもソフトドリンクを選ばせて、自分も飲みたくもない『ノンアルコールビール』を注文したのです。
まー、仕方ないと言えば仕方がない…
そんな論争をしても大人気ない…
ですので、その場はやり過ごしましたが心の中で…どこかに案内されていたなぁ〜とちょいとしたわだかまりが芽生えていたのでっす。
(≧∇≦)

そう、そのわだかまりを消す意味でも、少ないとも『事前の案内』があればこちらとしても、そんな気持ちにはならないわけですよね⁇

そう言ったことを考えても
事前案内
は、とても大切なのです。

とか、考えると…
お店側からすると…ここに書いてありますから〜
とか
当店ではそれが当たり前なので〜
とか
そうしてもらわないと利用されなくても結構です〜
などなど、そんな声が聞こえてきそうですが、まあまあ、ここはお客様の立場で考えてもらえれば良いわけで…
お客様との関係性をどれだけ考えてもらえているか⁉️
などなど、そんな姿勢がうかがえるわけですねー

もちろん、頑固親父がやっているラーメン店でそのお店の特別ルール…
例えば、
食べる時黙って食べろ‼️
とか
絶対に残していけない‼️
とか、そんな特別ルールがあるお店もありますよね…笑笑
でも、そのお店が人気店になるには…
常連のお客様との関係性が大切なのです〜
そう、常連のお客様はそのルールを楽しんでいるのです。
『そんな頑固親父がやっている店』
と、いうのも『行きたくなる理由』になったりするから不思議なものです〜
ただ、その大前提としては…
『美味しいお店であること』
となるのは言うまでもないことですが〜‼️

事前の案内

コレは本当に大切なのです〜
それも『お客様目線』かどうか⁇なのです。
つまりのところ、いくら事前の案内がなされていても『お店目線』ではないこと!
これって本当に大切な発想で、これまた本当のところ…難しかったりします‼️

そこが徹底しているスターバックスは、やはりわかっているお店〜なんだと考えます^ ^

うーむ、お店に入るや否…『当店は〜〜になっておりまして…』と言うお店も結構あったりしますよね〜⁉️
でも、それら全て『どう伝えるか⁇』
に集約されます^ ^

事前案内も大切、でも…そのお店の姿勢は伝え方に集約されるのでは〜⁉️
と、考えます。

いかがでしょうか⁇

感謝。

IMG_2332
横浜青葉倫理法人会サンで、イブニングセミナー登壇が決まりました〜‼️

#人財育成型®︎研修講師
#魔法の接客術®︎アドバイザー
#スーパー営業サポーター®︎
#モヒカン紳士
#生駒俊介
でっす。

少し前に62歳の誕生日を迎えました&私の誕生日は1961年4月13日
早産で生まれ、2,400g足らずの未熟児でした。

生まれて三ヶ月程、病院のガラス箱で育ったらしい。
生まれた時、顔は可愛かったらしいが身体がまるで猿の様で…母親は恥ずかしくて産着で顔以外隠してしまった〜とよく聞かされました。笑

お気付きかと思いますが、出身地の生駒と私の名前の苗字は同じなんです。
そうすれば、よく二つのことを言われます^ ^
一つは『生駒』に行けば、『生駒』サンばかりなのですか〜⁈
…いやいや、それはございません!地元の小学校の時に通っていた時も『生駒』の姓を名乗っていたのは、二人の姉とこの私だけでしたから〜笑笑
で、もう一つが、それは本名ですか⁈です♪
…ハイ、私の戸籍上の名前がまさしく『生駒俊介』です!
つまり、芸名かと間違われるのですねー笑笑

この私、ちょい面白い小学校生活を送っておりました…
ちょうど小学校4年生の今頃…学校帰りに『ある方』を見て、『これ、めちゃくちゃカッコええやん、僕もやろう〜』と、言うことで家に帰ってカバンを置くや否や、自転車に乗って商店街にあった新聞集配所に行くのです!

『おっちゃん、俺、雇て‼️』
『お父さん、お母さん、知ってんのか⁈』
『知らん…』
『あかん、あかん、お父さんかお母さんに言ってから来い〜』

家に帰り
『母さん、俺、新聞配達したいねんけど』
『お母さんわからんから、お父さんに自分で言いなさい〜』
って、当時、父親は総合商社の営業のトップでしたので…毎日、終電帰り、つまり、この私は、平日は父親の帰って来た姿を見たことがなかったのです…
その日は、母親にほだされて眠た目を擦りながら食卓テーブルで父親の帰りを待っていました〜

その日も12時過ぎに父親は帰って来ました。
『俊ちゃん、あなたに聞いて欲しいことあるって言って待ってるわよ〜』
『ふーん、何や?』
と、言いながら食卓テーブルにつく。
『父さん、俺、新聞配達したいねんけど…』
『お〜、新聞配達か?』
ちょっと考えて
『俊、それはお金貰えるってことやなぁ?』
その時、気付きました〜
その頃、数百円でしたがお小遣いを貰っていたし、お金が欲しくて新聞配達をしたくなったわけではなく…したいからしょう〜と思っていたので…お金を貰えることを考えでいなかったのです。

『貰えるかもしれん…』
『そりゃあ、もらわないあかんやろ!』

………中略……

『新聞配達するってことは、新聞屋さんから何時までに〇〇サンに新聞を配ると言う役割をもらい、それをやり切ると言う責任を果たし、対価を貰うこと…
これが働くってことなんだ〜』
と、教わりました。

『そうなんだ…(わかった様なわからない様な…)』
『それをわかった上で、新聞配達やるのか⁈』
ハッキリ言って、父親に詰められた僕…今更、やらないとは言えず…
『やります、やらせてください!』
『ほー、それならいつまでやるんだ?』
厳しい父親からそう言われた僕は…
『小学校卒業するまでやる』
『お父さんと約束するか?』
『約束する』
『それじゃあ、明日、お母さんと一緒にその新聞屋さんに連れて行ってもらい、やらせてもらえる様頼んでもらえ〜』

って、わけで新聞配達が始まるのです。

えっ?

もちろん…その後小学校を卒業するまでの約三年間…新聞少年として勤め上げましたよ!
何故なら…父親との約束でしたから〜

約束を違えれば…

小学校の卒業式の日、僕は何と思ったか…
『これで、新聞少年を卒業出来る〜』ってことで、ある意味達成感と共に市場の喜びとなったわけです♪

私の父親は厳しい人間で、こと仕事のことになると、会社では『鬼の生駒』と言われるほど厳しい男でした。
この私は厳しく育てられました。

その昔…父親とは諍いがあり、
『なんで…この人が父親なんだ?』
などと、考えたものでした。

2000年に独立起業しやっと順調になり出した2005年の三月に父親は逝きました。
…半年くらい経って来ると、その諍いばかりだった父親を許せる様になり、なんだか『感謝』の気持ちが芽生えて来たのです。
何故?そうなったのか…自分でも謎なのですが、確かに気持ちの変化がございました。

やがて、ひょんなことから子供を持つこととなり、父親になって9年半…可愛い娘達と過ごす時間は私にとって一番大切な時間ではあるのですが、決して甘いことばかり言ってはおりません。

厳しさの裏返しが優しさ

私が父親から学んだのは、単に厳しく育てられたのではなく、生きていくためには気概が必要で、かつ、約束を違えない生き方を教えてくれたのです。

62歳の誕生日を迎えた日、私が子供を持つ意味を考えた時…そんなことを思い出しました。

うーむ、実のところ、娘達に厳しく接することも多い私でも娘達と仲良く過ごせるのは、きっとそれが『愛情』だと思っていてくれているからかなぁ〜そんなことを考えます。

そして、これかもその娘達に
『カッコイイお父さん』
で、あるために最高なパフォーマンスを発揮します!

この度、横浜青葉倫理法人会サンからオファーをいただきまして、7月5日の夜にイブニングセミナーにて登壇させていただくこととなりました。


倫理法人会に入会して一年も満たないこの私にイブニングセミナー登壇と言う大役のご依頼をいただきました‼️

期待を一新に受け、会員増強のため全力を尽くしマッスル٩( ᐛ )و

感謝。

IMG_1577
最近、コンビニでこんなサービス見かけることございませんか⁈笑笑

#人財育成型®︎研修講師
#魔法の接客術®︎アドバイザー
#スーパー営業サポーター
#モヒカン紳士
#生駒俊介でっす。

コンビニに行きますか⁈
行ったことございますか⁈
と、仮に聞かれて
行ったことがない〜なんて言う方は、今の世にめちゃくちゃ珍しい存在だと思います…

そうですねー
この私でさえ、なんだかんだで三日に一度は利用している様に思います。
特に最近では、ドリップコーヒーマシーンを利用します。

そう、レジで会計をしたらコップをもらい、マシンにセットしてボタンを押すヤツですね〜
コンビニ大手三社(セブンイレブン、カーソン、ファミリーマート)とそこに小さいながら頑張っているミニストップ、そして山﨑デイリーストアでも…コンビニドリップコーヒーは今や欠かせない存在だと思います。

ファミリーマートのマシンでは、以前からあった『濃い』タイプを選べるマシーン、ここのところセブンイレブンでも類似のタイプとなり、リーディングカンパニーのセブンイレブンでさえ、なりふり構わず『真似』をした〜っこと、私にとっては衝撃的な事実なのですが…

で、先の写真…
そうそう、最近、よく見かけませんか⁈
『一本買うと、もう一本もらえる』と言うサービス…
私もお茶で買ったこともございますが…

はて⁉️
これって儲かっているのかなぁ〜⁉️
って、思ったことございませんか(๑˃̵ᴗ˂̵)

だって、一本買うと同じモノがもう一本もらえるレシートクーポンが付いてくるのですから〜

どんなカラクリがあるのでしょうか⁈

買われたことがあるあなたなら、お分かりかと〜
ますは、一本目は定価で買われたはず…
そう!このサービスは単純に半額サービスではない〜ってことですねー^ ^

そして、その引き換え券なるレシートクーポンは使える期間が決まっているのが普通…
この前、私もあったのですが…使おうと思ったらナント次の日からしか、使えなかった〜のです。
又、その逆もあり、使えおうと思ったらその日が過ぎていたこともございました…涙🥲
そうなると、お店にすれば定価で一本販売したことになりますよね⁈

と、このサービスを半額としたらどうなるでしょうか⁈
つまりのところ、50%オフ❗️
確かにこれはインパクトはありますねー
しかし、買う側は『安く買った』と言う記憶がかすかに残るだけで、一回こっきりのシングルレベルマーケティングで終わってしまいます。
そうすると、お店側から考えても…単なる在庫セールとなり、何のうまみもなくなります。
それだけでなく、安売りをしないと売れない〜と言う呪縛に縛られてしまうモノなのです。

そこで、この『もう一本サービス』だと再来店を促す効果賀見込めます。
で、その無料一本だけをもらおうとすると、それはそれなりお客側からすると勇気がいるかもしれないです。
と、言うより、『今回は一本無料だから〜』ってことで、ついつい、財布の紐も緩んでしまい、ついで買いをしてしまうものなのですねー
つまり、お店側からもウマミ賀あるのです。


ついでに、この企画は往々にして本部サイドからの集客企画として店舗がすることがほとんどだそうです。
何故⁈
ハイ、普段、ロイヤリティの高さや本部からの様々な要望があり、フランチャイザーの店舗側にしてみれば辟易していることも多い…だから、この『もう一本』のコスト部分は本部かメーカー側がもつことが多く、お店側は負担が無い〜らしいです。

ってことで…
コンビニ各社、様々な企画で集客を考え、マーケティングをしながら凌ぎを削っているわけですね〜

それにしても、こんなサービス合戦…消費者からすれば嬉しいですが、いつまで続くのでしょうかねー♪

うーむ、デフレ脱却と叫ばれて久しいこの頃、政府の馬鹿げた政策から、賃金の上がらないインフレとなった今、この後、一体どうなるのか⁈不安を抱えながらも…希望を持ってこの先もやるしか無いのですねー

皆々様も、お互いファイティンぐ〜致しませう!

シャイコフスキー!

感謝。

IMG_9997
あははは、一昨晩の一枚!

#人財育成型®︎研修講師
#魔法の接客術®︎アドバイザー
#スーパー営業サポーター
#モヒカン紳士
#生駒俊介
でっす。


一昨晩のことですが…横浜スタジアムにてベイスターズ対スワローズ戦を観戦して来ました〜

きっかけは、娘の通います小学校が『スポーツを楽しむ日』みたいな企画で、希望者先着の100名限定にチケット販売をしたのです♪

娘からも以前から『ベイスターズの試合に連れて行って欲しい〜』とせがまれていたので、早々に申し込んで実現したわけです♪

その昔、この私も野球少年だったこともあり、あの球場の雰囲気もどこか懐かしく楽しみにしておりました。
考えましたら、20年近く前に当時イチローが大活躍中のオリックス戦を観に行ってから野球場に踏み入れたことがなく、ワクワクして当日を迎えました〜


IMG_0005

と、言うのも…ベイスターズがDNAになってから…色々とプロ野球球団そのものの考え方も変わったりした〜と言うことは認識するものの、実際にそれらを体感したことがなかったからです(๑˃̵ᴗ˂̵)

ただ、観戦しましたゲームは凡戦、ベイスターズがスワローズにコテンパンにやられたゲームでした〜涙。

それは、さておきまして、その体験レポートとしまして…
先ずは、最早、野球場ではなかったですねー

まさしくそこは『ボールパーク』と言うべき場所でした‼️

入る前から色々な仕掛けもされていて、楽しむことが出来ます♪

例えば、水風船🎈を投げて的をビンゴ風に当てるアトラクションや水鉄砲🔫を使っての的当てなんががあって、当家の娘も席に着く前から盛り上がりました)^o^(
IMG_0002
IMG_9999

場内もゴミなどが落ちていることもなく、浜スタの場合、綺麗なすり鉢状になっている座席のブルーと人工芝とのコントラストも美しく、それだけでもワクワク感が増しました。


回と回とのインターバルには、毎回、観客参加型のちょっとしたゲームがあったり、オーロラビジョンに観客を移し出しパシャリ、その写真がもらえるのですから、みんなご贔屓選手のタオルで猛烈にアピールするわけです。

もちろん、七回の攻撃前にベイスターズのチアダンサーが出て来て盛り上げたり、又、違う回には地域のちびっこチアダンサー👯‍♂️も登場、場内みんなでダンスをしたり〜ゲーム以外でも飽きさせない工夫が至るところにもありました。

昔はと言うと、野球場には野球だけを観戦しに行くところ〜みたいな感じがございましたが、今は昔…野球を観に行く〜と言うよりは野球場を楽しむと言った感じなのです。

食事面は、今回は別で購入して入りましたが、多くのキッチンカーが出ていたり、多種多様なB級グルメが楽しめそうな感じでした〜^ ^

ご存知だとは思いますが…
DNAと言ういわゆるIT企業が横浜球団を当時のマルハから買った時、賛否がございました。
特に、他のプロ野球球団からのバッシングは相当なものだったきいております♪。

何故なら…全く彼等は野球を知らない、野球に興味のない経営者だったからです〜

『野球を知らない連中がプロ野球球団を買ってうまくいくわけがない』そう喩やされたわけです。

ところが、野球を知らない彼等だから、
『どうしたら野球に興味を持ってもらえるか⁈』
『どうしたら野球場に足を運んでもらえるか⁈』
究極には
『ベイスターズと言う球団を根付かせることが出来るか⁉️』
を考え…マーケティングを行い、今やセリーグを代表する人気球団を作り上げたのです。

よく言われることですが、浜スタの競合先は浜スタ近くの飲食店だと言われます。

ええええっ⁉️

思われかもしれませんが、浜スタにはビールが飲みたくなる様な4人掛けのテーブル席があったりするのです。

ちびっこファンを増やすために、横浜市の全幼稚園や保育園に子供用のベイスターズのベースボールキャップを配ったり、はたまた、小学校にベイスターズグッズも配ったりしてたりします。
ですから、当家にもいつの間にやら、お皿やタオルなどベイスターズ用品が存在するのです❣️笑笑

それって、相当な企業努力でしょうし、一昔前の球団経営経験なら考えなかったことなのでは⁉️と思われます。

そんな企業努力、どうでしょう…元からの野球ファンならしない…何故なら、最初から野球が好きだからですねー
でも、球団経営とそもそも野球好きとは違いますよね⁈

と、言うより、マーケティングを使ったプロ野球球団がそれまではなかった〜と言っても過言ではなかったのです(๑˃̵ᴗ˂̵)

強くしたら客が入る…それは妄想

そんな考えで、強くすることだけにこだわる。
それが、従来の発想だった様に感じます。
それが、プロ野球球団の存在意義はそれだけでは無い〜と言うことをベイスターズは身をもって証明した形になりました。

そこにはマーケティングの発想は元より、顧客が喜ぶこととは⁉️と言う元来の商売の原点に立ち帰るの大切さを教えてくれたのですねー^ ^


私のビジネスのことを言うと…企業様からよくぷつけられらる言葉の一つで…
『我々の業界は特殊ですから〜』
って言うのがございます。

でもね、私が携わって来た企業様…正直、どの業界もその業界だけの慣例があったり、ある意味特殊なんですよねー
そこにどっぷりと入っていると気付かないことって多く、部外者だからアドバイス出来ることがあったりするわけです。

それが、私の存在意義に繋がるのだろうと考えます。


うーむ、存在意義…どれだけ人に認められて、必要とされるか⁈
まだまだ…挑戦は続きそうです!

シャイコフスキー^ ^

感謝。

↑このページのトップヘ